ecc_thumbnail
英会話スクール

ECCの日常英会話コース「ENVISION」は実際どう?プロ講師が正直にレビュー

バークレーハウス専任講師

ecc_thumbnail英会話スクール

ECC外語学院の日常英会話コース「ENVISION」は、英語を話すことが”当たり前”になるアウトプット中心の実践型レッスンです。

コンセプトは、”使える英語を最短で”

独学での英会話上達は難しいイメージがありますが、スクールの実践的なレッスンを通して、短期で英会話ができるようになれば嬉しいですよね。

今回は、日常英会話コース「ENVISION」の詳しい紹介と、実際にレッスンを受講した感想を解説します。

この記事の監修者
古谷先生の顔写真

古谷 理太
保有資格:英検1級、IELTS8.0、IDP公式IELTS教員研修修了

龍谷大学国際文化学部卒業
大学では、国際関係学を専攻。在学時に英国ミドルセックス大学国際政治学部へ1年間の交換留学を経験。バークレーハウスでのプライベートレッスン、グループレッスンに加え、高校や大学でも教鞭を取る。

\ 無料カウンセリングはオンラインでも可能 /

今回はECC外語学院の新宿本校で、日常英会話コース「ENVISION」というグループ英会話コースを体験してきました。

コースの特徴は、日本人バイリンガル講師とネイティブ講師がペアで行うペアティーチングです。

英語を話せるようになるにはインプット・アウトプットの練習にバランスよく取り組む必要がありますが、ペアティーチングではそのサイクルを効率よく繰り返せます。

今回の記事では、ECC外語学院の日常英会話コース「ENVISION」の特徴、実際にレッスンを受けてみた感想について詳しく紹介していきます。

日常英会話コース「ENVISION」の特徴

日常英会話コース「ENVISION」の主な特徴は以下の3つです。

  1. 「日本人バイリンガル講師」×「ネイティブ講師」による週100分間のペアティーチング
  2.  アウトプット中心のレッスン
  3.  コース専用に独自開発された教材

ペアティーチング

日常英会話コース「ENVISION」の最大の特徴は、インプット・アウトプットの学習がパッケージ化されている点です。

自習を挟んで、日本人バイリンガル講師のレッスン、ネイティブ講師のレッスンで一つのサイクルとなっています。

レッスンの具体的な流れは、以下のとおりです。

レッスンの流れ
  1.  事前学習 (自習/自宅学習)
  2.  基本レッスン60分 (日本人バイリンガル講師)
  3.  事後学習 (自習/自宅学習)
  4.  実践レッスン 40分 (ネイティブ講師)

基本レッスンで英語表現を身につけ、ある程度話すことに慣れてからネイティブ講師との実践レッスンに臨めるところが大きな魅力です。

アウトプット中心のレッスン

それぞれのレッスンの前には自宅学習で準備する必要があります。

自習の時間に表現をインプットできるため、レッスンの時間はアウトプットに集中できるようになっています。

多くの英会話スクールではレッスンの前半をインプット、後半をアウトプットにあてていますが、日常英会話コース「ENVISION」ではレッスンの多くの時間をアウトプットに注ぎます。

そのため、限られたレッスン時間を効率的に使えるのはもちろん、実践的なスピーキング能力が身につきます。

コース専用の自社開発テキスト

コースで使用するテキストは「自習用」「基本レッスン用」「実践レッスン用」と全部で3種類あり、すべて自社で開発しているテキストです。

内容は文法や表現など多岐にわたり、会話を中心としつつも、英語の4技能(Listening/ Reading/ Writing/ Speaking)をまんべんなく学習できます。

ecc-textbook

自社開発の教材はレッスンの内容に完全に連動してつくられているため、一切の無駄がありません。

もちろん市販教材もすばらしいですが、レッスンで使うには自社教材にかないません。

コースと費用

日常英会話コース「ENVISION」では3つのレベルが用意されており、それぞれのレベルはCEFRをもとに難易度が設定されています。

各レベルとCEFRの対応は、以下のようになっています。

  • レベル1 = A1
  • レベル2 = A2
  • レベル3 = B1

※上記A1/A2/B1はCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベル分けとなっています。

古谷先生
古谷先生

CEFRについては以下を参考にしてください!

CEFRTOEIC L&R英検IELTSTOEFL IBT
C28.0~9.0
C1945~1級7.0~8.095~120
B2785~準1級5.5~6.572~94
B1550~2級4.0~5.042~71
A2225~準2級3.0
A1120~5級~3級2.0
CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)

また、レッスンの頻度と費用については以下のとおりです。

  • 受講頻度:週1回100分/全40回
  • グループレッスン:月額16,300円(税込)~
  • マンツーマンレッスン:月額13,323円(税込)~

※年間お申込みをいただいた場合の月/回あたりの受講料目安となります。

※入学金(22,000円/税込)および教材費が別途必要です。

\ 使える英語を最短で学んでみる /

体験レッスンの流れ

続いて、体験レッスンがどのような流れで進められるのかについて解説します。

カウンセリング

体験レッスンの前にはカウンセリングが設けられています。

カウンセリングで聞かれるのは、主に以下のような内容です。

  1.  現状や目標などについて(英語学習のバックグラウンド、もっている英語試験の点数、英語学習の理由)
  2.  レベルチェック
  3.  コース、使用教材の紹介

レベルチェックでは「瞬間英作文」の問題がいくつか出題されます。

「瞬間英作文」とは、日本語を読み上げてもらい、即座に英文に直していくエクササイズのことです。

3つのレベルに分かれており、最初は中学レベルの「主語+動詞」で構成される単文や疑問文から始まります。

レベルが上がるにつれて、受動態や接続詞、関係詞、現在完了などの高度な文法表現も登場します。

問題の正答数をもとに最適なレベルのレッスンを案内してもらえます。

カウンセリング時のコース説明で使用されていた資料は、以下のリンクからデジタルパンフレットを閲覧できます。

体験レッスン

コースの流れは、以下のような4ステップで構成されています。

体験レッスンの流れ
  1.  事前学習(自習)
  2.  基本レッスン(日本人バイリンガル講師)
  3.  事後学習(自習)
  4.  実践レッスン(ネイティブ講師)

今回はレベル3のコースを受講しました。

事前学習

事前学習では、リハーサルシートを使って基本レッスンの準備を行います。

リハーサルシートは基本レッスンで話したい内容を準備するための教材で、あらかじめシートに記載されている質問への回答を作成します。

作成にかかる時間は約30分ほどです。

今回は「頻度を表す表現」がテーマとなっており、以下のような表現がリストアップされていました。

  1.  Always
  2.  Usually
  3.  Sometimes
  4.  Rarely
  5.  Never

■古谷先生の回答例

Do you get over seven hours of sleep?

Yes, I usually get over seven hours of sleep.

トピックは日常生活や仕事に関するものが多く、英語を話せるようになるうえで必要な表現ばかりです。

事前に話したい内容をまとめておけるので、レッスン内で安心して話せる点も魅力的だと感じました。

基本レッスン

基本レッスンは、日本人バイリンガル講師とのオールイングリッシュレッスンです。

事前学習で作成したリハーサルシートを用いて会話をしていきます。

ecc-teaching-1
古谷先生
古谷先生

今回はこちらのMeg先生に担当してもらいましたが、とても明るくて優しい雰囲気で、すんなりレッスンに入っていくことができました!

レッスンは会話が中心となりますが、リスニング、リーディング、ライティングの要素も含まれているため、幅広い英語力を身につけられます。

今回は以下のような内容について学習しました。

  1. 「どんなときにストレスを感じるか」についての文章を読み、”I think ~ because ~.”の構文で自分の意見を主張する
  2.  クラスメイトの主張に対して「賛成」か「反対」で自分の意見を返す

また、リスニングではディクテーション(流れてきた音声をそのまま書き取るエクササイズ)も行いました。

リスニング音声にもレッスンの中で学んだ「頻度の副詞」が使われており、オリジナル教材ならではの効率的なレッスンを受けられました。

レッスンの最後には、学んだ表現を総動員してスピーチをする時間があり、一人ずつまとめのスピーチをしていきます。

古谷先生
古谷先生

スピーチ後に先生が内容について質問するので、クラスメイトが発表している間も気は抜けません。

事後学習

基本レッスンのあとには、自宅で事後学習を行います。

事後学習では、主に基本レッスンで学んだ内容を中心に、理解や記憶があいまいな部分を振り返ってカバーします。

日常英会話コース「ENVISION」では、事前学習・基本レッスン・事後学習としっかり基礎を固められるため、突然外国人と話そうとすると言葉が出てこない方も安心です。

通常、基本レッスンと実践レッスンの間には1週間の時間が設けられているため、忙しい方でも学習時間を確保できます。

実践レッスン

実践レッスンは、ネイティブ講師と実践的な会話練習をします。

実践レッスンでは、前週の基本レッスンの内容に関連したトピックが扱われます。

ecc-teaching-2
古谷先生
古谷先生

今回はアメリカ・ミシガン州出身のSunshine先生に担当してもらいましたが、こちらも笑顔が素敵なフレンドリーな先生でとても話しやすかったです!

実践レッスンのはじめに、基本レッスンの内容を振り返ります。

今回は ”When do you feel stressed?” や ”When I want to relax~, I usually do~.” などの表現を復習しました。

その後、今回のメインテーマである”Healthy living”についてのレッスンに移りました。

まずは ”Healthy living” と聞くと、どのようなワードが思い浮かぶかを聞かれ、先生とともにキーワードを出します。

具体的には、以下のようなワードです。

  1.  Exercise
  2.  vitamin supplements
  3.  hobbies
  4.  fruit and vegetables
  5.  friends

次に、上記のワードを使った疑問文をつくって、ペアどうしで交代しながら質問と回答を練習します。

実践レッスンは基本レッスンよりも会話の自由度が高く、英語で聞かれたことに対して答える瞬発力を鍛えられるような内容でした。

感想

今回、実際にレッスンを受講してみて、とくに魅力的だと感じたポイントについて紹介します。

レッスンと技能が連動している

日常英会話コース「ENVISION」はオリジナル教材を使って学習できるため、レッスン間で複数の技能を横断しつつ、同じ内容を学習できます。

たとえば、基本レッスンで学んだ表現がリーディング・リスニングで登場したり、実践レッスンで復習できたりするのはオリジナル教材ならではの強みです。

古谷先生
古谷先生

一度で知識を定着させるのは難しいため、パターンを変えて何度も同じ表現を学ぶとレッスンの効率を大幅に高められます。

アウトプットに集中できる

日常英会話コース「ENVISION」はアウトプット中心のレッスンを強みとしています。

実際にレッスンを受けてみると、生徒が終始話し続けられるような内容となっており、スピーキングに苦手意識をもちやすい日本人にはぴったりのレッスンだと感じました。

体感としてレッスン時間の8割くらいは話していたような気がします。

古谷先生
古谷先生

まさに「LearnerからUserへ」というキャッチコピーを体現しているようなレッスン内容でした。

他の生徒からも学ぶことができる

日常英会話コース「ENVISION」はグループレッスンとなっており、クラスメイトどうしで質問したり、他人のスピーチを聞いたりする時間もあります。

先生から一方的に教えてもらうだけでなく、ほかのクラスメイトの表現を吸収したり、自身の表現を発信したりできるのはグループレッスンならではのメリットです。

また、レッスン内にさまざまなペアワークが用意されており、ほかのクラスメイトと仲良くなりやすいのではないかと感じました。

古谷先生
古谷先生

同じレベルの学習者でつながれるのは、モチベーションを維持するうえでも重要なポイントです!

年2回のレベルチェック/成果保証制度

日常英会話コース「ENVISION」では年に2回のレベルチェックがあり、定期的に学習の進捗状況をチェックできます。

さらに1年間のカリキュラムを修了しても、ECCが定めるレベルまで上げられなかった場合、次年度のレッスンを半年間、無償提供してもらえる「成果保証制度」も設けられています。

講師の質について

ECCの講師の採用基準は非常に厳しく、スキルだけではなく、人柄なども含めて総合的に判断されています。

日本人バイリンガル講師は7.18%、ネイティブ講師は4.65%の採用率となっており、レッスンを担当できるのは厳しい基準をクリアした講師のみです。

また、採用後にも60~80時間の事前研修が課されており、どの校舎で受講しても質の高いレッスンを受けられます。

ECCの日常英会話コース「ENVISION」がおすすめな方

今回、実際にレッスンを受講してみて、以下のような方にはとくに日常英会話コース「ENVISION」をおすすめしたいと感じました。

「ENVISION」がおすすめな方
  1.  英語初心者の方
  2.  スピーキングに苦手意識がある方

英語初心者の方

日常英会話コース「ENVISION」では、自社のオリジナル教材を使用して、インプットからアウトプットまでの学習サイクルを効率的に回せます。

英語学習を始めたばかりの方は「どんな教材でどのように学習すべきかがわからない」と悩むことも多く、こちらのように教材や学習サイクルが決められているコースがおすすめです。

また、独学で英語学習に挑戦してみたものの、教材が合わなくてやめてしまった方にも向いています。

スピーキングに苦手意識のある方

日常英会話コース「ENVISION」の最大の特徴は「アウトプット中心」のレッスンです。

日本人のなかには「基礎的な英語力はあるのに、実際に英語を使う機会がなくスピーキングが苦手」と感じている方も多いのではないでしょうか。

話す機会をつくるだけならオンライン英会話でもできますが、ただ話しているだけでは本当の意味で英語力をつけるのはなかなか難しいのも事実です。

そのため、事前学習と事後学習がパッケージになっている日常英会話コース「ENVISION」を受講するメリットはとても大きいはずです。

また、会話の前に準備がしっかりできるため、話し慣れていない方でも自信をもって会話に挑むことができるでしょう。

ECCでは予習復習を含めた学習サポートを受けられる

ECC外語学院の日常英会話コース「ENVISION」はインプットとアウトプットの学習サイクルに着目したレッスン形式です。

一般的な英会話スクールで、レッスン前後の学習サイクルの組み立てまでやってくれるところは少ないです。

一方、日常英会話コース「ENVISION」であれば、決められたサイクルを繰り返すだけで、初心者の方でも効率的に学習を進められます。

また、レッスンの内容はアウトプットに特化しており、独学では難しいスピーキングを徹底的に鍛えられます。

そのため、英語を学習する目的として「英語を話せるようになりたい」と感じている方には非常におすすめです。

\ 日常英会話コース「ENVISION」を体験 /