サーフボードと正木先生
独占!正木先生にインタビュー

なぜ日本人は英語を話せない?正木先生が暴いた教育業界の真相とは

Reiya Masaki
保有資格
英検1級、TOEIC980点、TOEFL120点、IELTS9.0、CELTA

ロンドン大学クイーン・メアリー校卒業
日本人としてはじめてIDP公式IELTS教員研修を修了。大手企業のCEOや役員をはじめ、IELTS対策講座で目標スコア達成に導いた生徒数は1,000名以上。
日本人が苦手とするスピーキング・ライティングに特化した「Mメソッド」の開発、Eラーニング教材や書籍の執筆など、多岐にわたって活躍。

Reiya Masaki

TOEFL満点講師、IELTS満点講師、バークレーハウスIELTSプログラム総責任者

正木 伶弥をフォローする
サーフボードと正木先生 独占!正木先生にインタビュー

いまや、バークレーハウスの人気講師としてIELTSプログラム総責任者も務める正木先生。

日本人としては希少なIELTS9.0の取得者であるだけでなく、英語を母語としない学習者に対する英語教授の探求にも力を入れており、CELTAを取得しています。

今回は、日本の英語教育における課題や英語に関する質問について訊いてみました。

正木先生はなぜ英語教育業界に?

真剣に考える正木先生
編集担当
編集担当

英語力を維持するためのトレーニングはどんなことをしていますか?

正木先生
正木先生

とくにトレーニングってつもりはないんですが…

普段から英語を見る機会は多いですかね。

日本にいても、イギリスにいても、見聞きするのは英語のコンテンツなので英語に触れない日はないです。

編集担当
編集担当

興味の対象がそもそも英語なんですか?

正木先生
正木先生

たしかにそうかもしれないですね。

新聞、本、映画、YouTube…どれも英語のものばかり見てます。

編集担当
編集担当

それは意図的にではなく、昔からですか?

正木先生
正木先生

子どものころから英語のものを見てましたね。

もちろん字幕だけど…。

もっと幼いころは日本語で機関車トーマスとかも見てたけど、日本発のコンテンツではないもんね(笑)

場を和ませる正木先生
幼少期の思い出を語る正木先生
編集担当
編集担当

じゃあ幼いころから英語に対するアレルギーはなかったんですね。

ちなみに英語講師になろうと思ったのはいつですか?

正木先生
正木先生

高校生くらいかな…

この前のインタビューでも話に出てきた親父が塾をやっていたんですよ。

だからなんとなく自分も英語を教える立場になるのかなって気はしてました。

明確にイメージしはじめたのは、たしか大学生のときでしたね。

編集担当
編集担当

ちなみに大学生のときに就職は考えなかったですか?

正木先生
正木先生

すこしは考えましたけど、とりあえずは親父の塾を引き継いでやってみるか、という考えになりましたね。

久々に日本で暮らしたかったけど、数年たって合わなければまたヨーロッパに戻ろうと思っていたので、一般企業に就職すると難しいかなと考えていました。

編集担当
編集担当

なるほど…そんな経緯があったんですね。

正木先生
正木先生

それともう一つ理由があって…

当時は今よりも圧倒的にIELTSの知名度が低かった日本で、自分のスコア含めたスキルと経験を鑑みて、正直その分野でのトップの1人になれない理由が見当たらなかった。

それだったらIELTSをメインにした塾をやって…

ある程度形になったら、誰かに自分なりビジネス形態なりを売り込めるだろうと思って引き継ぎましたね。

日本の英語教育における課題とは?

ジェスチャーを含めて語る正木先生
教育業界が抱える課題に切り込む正木先生
編集担当
編集担当

日本の英語教育における課題って何だと思いますか?

正木先生
正木先生

うーん…正直いっぱいありますよね。

結局のところ「英語を使ってその人は何をできるか」という評価基準が欠如しているんじゃないですかね。

編集担当
編集担当

難しいですね…

具体的に伺ってもいいですか?

正木先生
正木先生

大学受験の予備校でバイトしてたとき、大学入試の問題をみて思ったのは「英語ができる人を選抜するための試験ではないな」と。

日本の教育って「受け身な人を育てて選抜する」側面が強いと思うんです。

学校だったら先生の言う事をよく聞いたり、企業だったら上司にゴマをする人というか。

そう考えると、受け身でいけるリーディングは、ある程度できる人が多いのも納得です。

編集担当
編集担当

たしかに…評価システムもそうですよね。

学生の頃、先生に言われたことをやっていれば、それだけで評価されるように感じたことがあります。

日本人が英語を話せるようにならないのも試験形態の問題ですか?

正木先生
正木先生

そうだと思いますよ。

あとは英語教育の内容ですね。

編集担当
編集担当

学校の授業ということですか?

正木先生
正木先生

うん、たとえばスピーキングって授業でやらないじゃないですか。

もちろん入試で必要ないからやらないだけかもしれませんが、それだと英語を学んでも話せないのは当然です。

そもそもトレーニングをしたことがないわけですから。

編集担当
編集担当

なるほど、ほかにも問題とかってあるんでしょうか?

正木先生
正木先生

うーん…ものごとの考え方ですかね。

結論が決まっていない事柄について、オープンな言い合いとロジックをもとに、最大数の人間にとってベストな解決策を作り出す、という概念もない気がしていて。

言い合うというアイディアがそもそもないわけなので、スピーキング力が伸び悩むのは自然だと思います。

考える正木先生
取材の中でも英語教育と真剣に向き合っている様子がわかる
編集担当
編集担当

勉強になります。

あと性格とかってどうなんでしょう?

正木先生
正木先生

メンタリティの問題もあると思ってます。

日本人って「間違いを犯しちゃいけない」って考えの人が多いですよね。

編集担当
編集担当

たしかに間違いを恐れて挑戦できないときあります。

たとえば、外国の人と話したりとかも…。

正木先生
正木先生

それも日本人が英語を話せない原因です。

外国語を話す際は間違いのオンパレードでいいんです。

まあ、結局はどれも受けた教育と切り離せない要素なのだとは思いますが…。

編集担当
編集担当

世界的にみても、国民の大半が英語を話せない先進国って珍しいですよね。

正木先生
正木先生

そうですね。

でも歴史的な背景から英語を話せるようになった国も多いですよ。

編集担当
編集担当

そうなんですか?

正木先生
正木先生

まあ、あまりいい話ではないけど…

英語圏の国の植民地になると英語を話せるようになりますよね。

たとえば、アジアでもマレーシアやシンガポール、香港やインドはイギリス領、フィリピンはアメリカ領だったじゃないですか。

編集担当
編集担当

植民地支配の影響で英語が浸透した国もあるんですね。

正木先生
正木先生

そうですね。

だから日本が英語に関して出遅れるのはある程度は仕方なかったとは思います。

でもそこから先は教育の差でしょうね。

もちろんやろうと思えば日本もできるだろうし…。

外部試験の導入で日本人の英語力は上がる?

淡々と語る正木先生
編集担当
編集担当

今、日本でもTOEICやTEAPなどの外部試験を導入しようとする動きがありますが、日本人の英語力にも影響はあると思いますか?

正木先生
正木先生

もちろん。

とくにTOEFLやIELTSを導入するなら、おおいに変わると思います。

編集担当
編集担当

それはTOEFLやIELTSが4技能試験だからですか?

正木先生
正木先生

うん、でもそれだけじゃないですよ。

編集担当
編集担当

そのほかにはどんな違いがあるんですか?

正木先生
正木先生

TOEFLやIELTSは「実際に使われている英語」にフォーカスしているんです。

そして文法的な知識ではなくて、実生活において求められるスキルを測るための試験です。

だからリーディングやリスニングのセクションも大きく変わるはずですよ。

編集担当
編集担当

入試のために作成された文法問題とは根本的に異なるということですね。

それでは、英語教育に関しては最後の質問です。

英語講師になりたい方へのアドバイスはありますか?

正木先生
正木先生

もしTOEFL・IELTSなどの資格試験を教えるなら、一度は留学すべきだと思います。

大学の交換留学とかでもいいので、英語圏の国で勉強した経験があればいいですね。

ブログ読者の悩みに回答

笑顔で語る正木先生
編集担当
編集担当

次に、当ブログの読者から寄せられた悩みへの回答をお願いします。

正木先生
正木先生

はい、どんどんどうぞ!

編集担当
編集担当

【悩み①】

会話の中で英単語が出てくるまでに時間がかかります。

正木先生
正木先生

うーん、慣れです(笑)

編集担当
編集担当

もうすこし詳しくお願いします(笑)

正木先生
正木先生

なにに慣れる必要があるかというと、英語ってシンプルな動詞だけでも話せるんですよ。

具体例をあげると、”have”や”get”や”do”あたり。

お洒落な言い回しではないかもしれませんが、基本的につまることはなくなるはずです。

編集担当
編集担当

【悩み②】

リスニングが聞きとれません。

正木先生
正木先生

はじめのうちはある程度仕方ないです。

聞きとれるようになるには絶対量が必要なので、誰しも我慢の時期があります。

そこを乗り越えたらスクリプトを目で追いつつ聞くトレーニングが効果的です。

編集担当
編集担当

【悩み③】

自分に合うテキストの見つけ方を教えてください。

正木先生
正木先生

好みやスタイルがあるので一概には言えないかもしれないですが…

レベル的な部分でいうとCEFRが参考になります。

EUの共通フレームワークなんですが、英語力のレベルを測るには適していると思います。

CEFRをもとに自分のレベルに合ったテキストを探してみてください。

考える正木先生
読者の悩みと真剣に向き合う正木先生
編集担当
編集担当

【悩み④】

日常で英語を使う機会が少ないです。

正木先生
正木先生

環境を変えてみてください。

スマホやパソコンの言語設定を英語にするだけでも、だいぶ違うんじゃないかな。

話す相手はなかなかつくれないと思うので…。

編集担当
編集担当

【悩み⑤】

オンライン英会話はおすすめですか?

正木先生
正木先生

初心者の方で話す経験や絶対量が足りていない方には、すごくいいと思います。

はじめのうちは質より量なので、予約し放題みたいなプランでしゃべり倒してください。

編集担当
編集担当

【悩み⑥】

仕事で英語が必要なのですが、何から取り組むべきでしょうか?

正木先生
正木先生

まず、仕事で求められる能力って資格試験で問われる能力とは違うんですよね。

資格試験の長文読解のような文章は出てこないだろうし…。

ビジネスイングリッシュのクラスに通うのがベストだけど、安く済ませるならオンライン英会話じゃないかな。

どんな仕事でもコミュニケーションは基本だと思いますし。

【正木先生監修】バークレーハウスのYouTubeやブログもチェック!

「今回の取材は短めだね」と笑う正木先生
編集担当
編集担当

それでは最後の質問です。

正木先生はバークレーハウスのYouTubeチャンネルブログにも登場していますが、それぞれどんな方におすすめのコンテンツですか?

正木先生
正木先生

YouTubeは初心者と上級者におすすめです。

初心者の方は、学習のペースメーカーにするといいと思います。

モチベーションを保つうえでも役立つでしょうし。

あとはレッスンを受けられない方にもぜひ観てほしいですね。

編集担当
編集担当

上級者の方はどうでしょう?

正木先生
正木先生

ぶっちゃけスクールに行かなくても、動画だけ観てできちゃう人ですね(笑)

コツややり方を聞けば自分でできちゃう人は、お金を払ってスクールに通うより動画がおすすめです。

編集担当
編集担当

でも上級者の方はテキストの解説を見ればできちゃうんじゃないですか?

正木先生
正木先生

実は、ぼくの動画で使っているテキストは解説がないんです。

公式本だから対策をするには最適なのに、解説がないから自習には向いていない。

でもYouTubeを観れば一人でも学習できるので、上級者の方はぜひどうぞ!

編集担当
編集担当

そうだったんですね…!

それではブログはどんな方におすすめですか?

正木先生
正木先生

ブログは初心者から中堅あたりのレベル向けかなあ。

上級者の方なら知っている内容がほとんどだと思いますし。

TOEFLやIELTSについてもっとよく知りたい方向けのコンテンツがそろってます。

自身の経験を語る正木先生
動画撮影はいまだに照れる面もあるそうです

前回に引き続き、フレンドリーに取材に応じてくれた正木先生。

海外で英語を学んだ正木先生は、日本で英語教育に携わって違和感を抱いた部分も多かったと語っています。

そんな経験もあって、現在では実用的な英語力を測定できる試験 ”IELTS”を普及させるべく奮闘中だそうです。